【自分軸の大切さ】相手は変えられない!コントロールできるのは唯一自分自身だけ!

【自分軸の大切さ】相手は変えられない!コントロールできるのは唯一自分自身だけ!

人の悩みとはいったい何なのでしょうか?

それは自分から始まって、自分で完結する悩みなのか??

思い起こしてみてください、悩みには誰か自分以外の存在が介在しているのではありませんか??

 

親だったり、

友達だったり、

上司、同僚だったり、、、

 

心理学の大家であるアドラーも

「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」

と言っているように、悩みというのは多くが他人との人間関係が生じるのです。

 

では、人間関係に苦しむ自分の人生をどうするのか。。というのはやはりハードルが高く、難しい問題ですよね。

そこであなたにお伺いしますが、相手が悪いというのなら

「他人が変わってくれるのを待ち続けますか??」

ということ。

 

厄介な上司や仕事仲間、そして苦手な友人、人の気持ちをわかってくれない家族は、果たして心変わりしてくれるでしょうか?

あなたはその人たちに「変わってください」と懇願したとして、「はい、わかりました」と言って、性格を変えてくれるでしょうか。。

 

そういった他人に期待する行為は、

やがて文明が進んで「ドラえもん」みたいな万能ロボットが発明されて自分を助けてくれる!

って願うようなものです。

おそらくあなたの命のあるうちには実現不可能だし、何度生まれ変わっても無理かもしれませんね。

 

もっとも、そんなことは一番あなたが分かっているのではないでしょうか。

あなたはそれを半ば知りながら、人が心を変えてくれないのを十分に分かっていながら、それを「あてもなく」期待して待っているのです。

 

それって意味のある行為でしょうか??

寿命の終わりに達成できることなのでしょうか??

 

他人なんて変わってくれるワケはありませんよね。

では、この世の中で、変えることのできる人間って誰なのでしょう??

 

その答えは。。

この地球中で、唯一、、

あなた自身だけです!

 

他人や、あなたの周りの環境はコントロールできる代物じゃありません。

 

「あの人がいなかったら上手くいくのに。。」とか

「もっとお金があって、良い家に生まれていれば幸せになれたはず。。」

 

なんていう、無意味で生産性のない思考を今すぐやめて、

 

「こんな状況だが、自分が幸せになるにはどうしたらよいだろうか??

といった自分軸の思考に今すぐチェンジしてみませんか??

 

それを実践すれば、自分の人生が終わりを迎えたときに

「決して恵まれた環境にはいなかったけど、自分として最大限、やるべきことはやったぞ!」

って自分自身に言い聞かせて、天寿を全うすることができるかもしれません。

 

大切なのは他人軸ではなくて、自分軸、です。

 

 

あなたの人生を後押しする気づきとなる情報をお届けします!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

米国NLP&コーチング研究所認定 NLPプロフェッショナルコーチ。 会社員をしながら、ブログやstand.fmでマインドセットや気になる情報についてお伝えしています。 趣味:洋楽、ジャズを聴くこと。沖縄旅行。飲み歩き。